泌尿器科 > 前立腺癌について

 前立腺癌は欧米では男性の癌の2番目か3番目に多い癌です。日本ではこれまではあまり多くはありませんでしたが最近非常な勢いで増えてきています。その原因はいろいろ考えられています。一つには人口の高齢化があります。前立腺癌の90%が60歳以上であり高齢者が増えれば患者さんも増える2番目の原因は、生活様式の欧米化にあるといわれています。特に脂肪の摂取量との関係がいわれています。
 前立腺癌の原因はよくわかっていませんが、男性ホルモンが発生に大きく関与しているといわれています。
 前立腺癌の初期にはほとんど症状を感じることはありませんが、進行に伴い尿の出が悪くなったり排尿に時間がかかるようになったりします。これらは前立腺肥大症と同じ症状ですので、尿の出が悪くなったとき前立腺肥大症だと自己判断せず、一度泌尿器科を受診することをお勧めします。
 診断にはPSAという腫瘍マーカーを血液で調べる事が精度も高く簡便です。健診のオプション検査で選択することもできます。
 治療は内分泌治療という飲み薬と注射を中心とした治療が基本になりますが、状態によっては前立腺全摘術という手術を行う事もあります。
 いずれにしろ早期発見が一番大切です。排尿異常を感じたら一日も早く泌尿器科を受診される事が大切です。