グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



婦人科ウィメンズセンター

子宮頸がん


症状について

子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が関与していることがわかっています。
不正出血や性交時出血などの性器出血を起こしますが、初期子宮頸がんでは無症状の場合も多く、婦人科検診で発見される場合もあります。

治療について

原則として子宮全摘術の適応となりますが、ごく早期の病変で、若年にて子宮温存を行う必要がある場合には、子宮の入り口だけを円錐状に切除する治療法を行う場合があります。
子宮全摘を行う場合には、子宮を少し広範囲に摘出する必要があり、これを広汎全摘あるいは準広汎全摘と呼びます。
また、進行期の決定上、病状に応じて骨盤内や傍大動脈領域のリンパ節郭清を行います。リンパ節郭清の合併症として、リンパ嚢胞と下腿リンパ浮腫が挙げられますが、近年は発症する確率は低くなっています。
術後は進行期により、必要な方に化学療法と放射線療法の併用治療を行います。

PAGE TOP