常滑市民病院常滑市民病院

できる手術

HOME > できる手術 > 子宮脱に対する経膣手術及び 腹腔鏡手術

子宮脱に対する経膣手術及び 腹腔鏡手術

子宮脱は加齢に伴い、子宮を支える骨盤の筋力が低下することにより、子宮が下がってくる病態です。過去に経験したお産の回数が多いと発症しやすいと言われています。50歳代から60歳代くらいで発症することが多いですが、まれに30歳代や40歳代でも発症することがあります。痛みなどの症状はありませんが、おなかの中で子宮が上がったり下がったりする感じや、ひどいケースでは常に子宮が外に飛び出してとても不快に感じます。また、子宮につられて膀胱も下がってくると尿が出づらくなったりします。
保存的治療としてはペッサリーというビニル製の柔らかいリングを膣内に挿入すると子宮が下がってこなくなります。しかし、定期的に膣内を洗浄するための通院が必要であったり、夫婦生活(性交渉)に支障をきたします。また、リングを入れても脱出してしまうケースも多く、その場合には手術療法を行います。

手術療法としては当院では手術の全ての行程を膣式に行う手術を第一選択としています。この手術は開腹ではありませんのでお腹に傷が残ることはありませんが、過去にお腹の手術(帝王切開や虫垂炎など)を受けたことがある患者様には適応できないことがあります。その場合には、子宮が下がってこないように医療用のメッシュを膣につなげて仙骨と呼ばれる部分に括り付ける腹腔鏡下仙骨膣固定術を行います。

一覧に戻る

個人情報保護方針ページトップへ