常滑市民病院常滑市民病院

その他の疾患

HOME > その他の疾患 > 子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫は子宮に発生する良性の腫瘤です。子宮筋腫は小さなものも含めると、成人女性の4人に一人に子宮筋腫があると言われています。しかし、そのすべての方が治療対象となるわけではなく、例えば、子宮筋腫ができると生理時の出血量が増えて貧血を起こして、労作時に動悸がしたりめまいを起こし、また貧血を放置すると心臓に負担がかかり心不全をきたす場合もあります。また、大きな子宮筋腫では膀胱や腸を圧迫して頻尿や便秘の原因になったりすることがあり、直径10センチを超えるような巨大筋腫では「子宮肉腫」という悪性の腫瘤に注意する必要があります。また、子宮筋腫が受精卵の着床を邪魔して不妊症の原因を作っている場合もあります。
【詳細は準備中】

一覧に戻る

個人情報保護方針ページトップへ