消化器内科 > ピオクタニンブルー液(メチルロザニリン塩化物含有製品)使用について

メチルロザニリン塩化物(別名:ゲンチアナバイオレット、クリスタルバイオレット)は手術、内視鏡等の組織染色や殺菌・防腐目的で各種処置に多くの病院で使用されていますが、平成30年11月に食品安全委員会はメチルロザニリン塩化物について「遺伝毒性を示す可能性を否定できず、発がん性が示された」と評価しています。
 薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策調査会の審議結果として、令和3年12月厚生労働省により、「代替品がなく、当該医薬品によるベネフィットがリスクを上回る場合に限り、そのリスク(遺伝毒性の可能性及び発がん性)を患者に説明し、同意を得た上で投与することを前提として認めることを許容する。」と定められています。
 当院でもメチルロザニリン塩化物を含有する製剤を調製し使用しています。また、メチルロザニリン塩化物を含有するスキンマーカーを使用しています。

 

【当院で使用する理由】
・ 多くの病院で使用実績があり安全な使用が見込まれています。
・ 使用するメチルロザニリン塩化物は希釈されており、使用量は少量です。
・ 処置時のマーキングや消毒等の目的で一時的に使用するため、体内に長く残存することは考えられません。
・ 多くの場合代替品が存在しません。

 

 当院では使用の対象となる患者さんのお一人ずつに説明を行い同意をいただく代わりに、ホームページ及び病院掲示板に情報を公開することによりピオクタニンブルー液(メチルロザニリン塩化物含有製剤)の使用の同意を実施します。
 なお、本件について同意をいただけない場合やお問い合わせなどがありましたら、主治医または薬剤部へお申し出ください。

 

令和4年8月 常滑市民病院