採用情報 求める医療のカタチがここに

募集要項

まんがまとめトップ

 

 医学部を卒業して、医師の第一歩となる初期研修は、慣れない現場(病棟や救急外来)で患者さんに接しながら、日々奮闘の毎日です。2年という限られた期間、仲間や先輩医師、まわりのスタッフに支えられながら、患者さんの感謝の気持ちに励まされたり、ときにはひとり涙を流したり・・・。そんな研修医や医師の「あるあるネタ」を4コマまんがで紹介します。(ほぼ金曜日 更新予定)

「 フレー! フレー! 医師を目指す学生の皆さん! 」

このまんがを通じて、皆さんにエールを贈ります!

 

● まんがの作者 しゃくぞう

 作者アイコン

● まんが一覧

※左の画像をクリックすると、それぞれのマンガのページにリンクします。

まんがまとめトップ

第0話
登場人物の紹介

研修医応援まんが「とこホスびより」に登場する仲間を紹介します。それぞれのキャラクターが実在するかどうかは…ご想像にお任せします。

第1話 バナー

第1話
常滑観光

医者という職業の性を紹介します。仕事とプライベートの両立って難しいですよね。ゆっくりデートも楽しめない!…でも、医者という使命感が先立ちます。

第2話 バナー

第2話
食堂は14時にしまる

緊急手術や患者対応で忙しい日々を送る医師の楽しみは、やっぱり「食」でしょう。「腹が減っては戦はできぬ」とはまさに。食堂のおばちゃんの優しさにおなかも胸もいっぱいです。

第3話 バナー

第3話
やっちまったな

日中は病棟業務、夜は救急外来と、日夜奮闘する研修医の姿を第3話では紹介します。副院長の後ろについて診察・・・医師として、社会人として、学ぶことはたくさんです。喝っ!

第4話 バナー

第4話
転院搬送の本音

第4話は副院長と心配性な研修医のお話しです。(余談ですが、副院長の本音は髪の毛の具合に見え隠れするのでは?!)

第5話 バナー

第5話
マスクって便利

第5・6話は医療従事者ならではの職業病(?)を紹介します。市民病院にも1年中、マスクを付けているスタッフが何人もいますが、マスクを取った素顔にドキッとすること、ありますよね~。

第6話 バナー

第6話
職業病的 耳鳴り

第5・6話は医療従事者ならではの職業病(?)を紹介します。夜中の病院、電気が消えていて誰もいないはずのトイレの水がジャーっと流れる音が…するんですよっ!!(泣)

第7話 バナー

第7話
お昼の救世主

第7話は、お昼ごはんのあるあるネタを紹介します。常滑市民病院には頼もしい救世主が・・・いるんです!

第8話 バナー

第8話
使わないけどなくすとコワイ物

第8話は、医者ならではの悩みを紹介します。人によっては銀行の金庫に預けている人もいるそうな・・・。個人的には第7・8話の医師の百面相っぷりがたまりません。

第9話 バナー

第9話
詰めが甘い

第9話は研修医のあるあるネタを紹介します。患者側の立場だとあってほしくない話ですね。。注射や点滴はいくつになっても好きになれません!

第10話 バナー

第10話
電子カルテ~初級編~

第10話は電子カルテに関するネタをご紹介します。常滑市民病院では、平成27年に今の病院に移転したとき、従来の紙カルテから電子カルテに変更したんですよ。

 

● 研修医の募集について

 常滑市民病院の初期研修医募集に関する要項については、下の画像をクリックして、募集ページをご覧ください。

thumb

 初期研修医 応援ページでは、現役の研修医・医師のインタビューや「病院あるある」ネタの4コマまんがを連載しています。下の画像をクリックして、ぜひご覧ください。

応援ページ

 

● 著作権について

 このホームページに掲載されたイラスト・まんがの著作権は著作者(しゃくぞう)に、その他の内容の著作権は常滑市民病院に帰属します。無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

ページトップへ