看護師紹介

  • 認定看護管理者     看護局長 久米 淳子

     私の人間観の基盤は「みんな違ってみんないい」「置き換えの発想」を活かし人材育成に力を注いでいます。新人看護師さん、安心して当院へ来て下さいね。

  • 認定看護管理者  看護副局長 松原 紀子

     私の取るべき行動は、常滑市民病院の看護局理念である「おもてなしの心と看護の心で、地域の人々を大切にし、安全で安心できる看護を提供する」ことが出来るよう尽力していくことと思っています。

  • 感染管理認定看護師 牧野 みゆき

     感染対策の重要性を職員ひとりひとりが理解し、組織全体として取り組むことが出来る感染対策を目指しています。最近は新しい多剤耐久菌の出現など、ますます感染制御も難しくなっていますが、みんなで力を合わせて対応しています。

  • 摂食•嚥下障害認定看護師 岸岡 陽子

     人間にとって食べる事は、楽しみでもありいきていく為には欠かせないことです。少しでも安全に食事ができるよう、”食べる為の口づくり”として肺炎予防と同時にいつ食事がはじまってもいい様に口腔環境を整えています。

  • 皮膚•排泄ケア認定看護師 松本 昌樹

     創傷管理、ストーマ保有者、失禁のある患者の介護や教育を含めたスタッフ指導を行なっています。

  • がん化学療法看護 認定看護師 原田 拓也

     がん化学療法看護認定看護師教育課程を修了し、治療効果は最大に、副作用は最小に抑える看護を学んできました。化学療法は効果を期待するとどうしても副作用が出現します。副作用の管理の良し悪しが治療に対する気持ちに直結します。看護は1人ではできません。その人らしい生活を、ともに支援していきましょう。

  • 皮膚•排泄ケア認定看護師 松浦 美都

     当院では様々な認定看護師が活躍しています。認定看護師が活躍するには、医師を始めスタッフの協力があってこそ、その力を発揮することができます。その協力体制や環境はとても充実し、患者個々のニーズに応じたケアを提供する事にも繋がっています。

  • がん性疼痛看護認定看護師 尾之内 赤実

     患者様、ご家族としっかりと向き合い、患者様が一日でも多く笑顔で過ごす事ができるようにサポートしています。また日々スタッフが、笑顔で活き活き☆諦めない看護を提供できるようにお手伝いしています。

  • 認定看護管理者  外来看護師長 中島 とも子

     私の役割は、「これからの常滑市民病院が地域のためにあり続ける」、その歯車の1つとなって支え、進めていくことであると思っています。真面目に一生懸命に、この役割を果たしていきたいと考えています。

  • 救急看護認定看護師 高部 峰行

     当院は二次救急病院であり、「原則救急搬送患者は断らない」という方針のもと、救急患者を受け入れています。救急外来で勤務をする看護師は、軽症・重症が混在する傷病者に対し、緊急度・重傷度を見極めるという重要な役割を担っています。救急医療は「チーム医療」が不可欠です。今後は実務や研修を通じてチーム力を強め、救急看護の楽しさを伝達していきたいです。

  • 脳卒中リハビリテーション看護認定  看護師 位田 みどり

     脳卒中は高齢化と共に、要介護状態になる疾患第1位であり、患者さんは障害を受容し、生活を再構築していかなければなりません。日常生活援助を通じて看護の力で患者さんのADLやQOLの改善、再発防止に努めていきたいと思います。

  • 脳卒中リハビリテーション看護認定  看護師 山本 憂一

     脳卒中は高齢化と共に、要介護状態になる疾患第1位です。患者さんは障害を受容し、生活を再構築していかなければなりません。日常生活援助を通じて患者さんのADLの改善やQOLの向上、再発防止が行えるように多職種と協力し支援しています。

  •  認知症看護認定 看護師 纐纈 亮

     当院では2016年4月より認知症サポートチームを立ち上げ、多職種と連携しながら入院による認知機能低下予防に取り組んでいます。患者・家族の想いを聴きながら、その人らしさを活かした医療・看護を提供していきたいと考えています。