常滑緩和セミナーを開催しました。

11月15日(金)常滑緩和セミナーを開催しました。

 

座長 常滑市民病院 がん性疼痛看護認定看護師 尾之内赤実

講演

「知多厚生病院緩和ケアチームの現状」 知多厚生病院 がん性疼痛看護認定看護師 大井初江先生

「チーム医療の多様性~各職種・立場で担う役割」 社会保険中京病院 緩和ケア科長・緩和ケア認定看護師 石野由樹先生

 

がんは、日本人の死因で最も多い病気です。現在、3人に1人ががんで亡くなっています。 このように身近な病気になった、がん。あなたの大切な方も、がんで悩んでいるかもしれません。

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。 「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛を和らげるための医療です。

 

当院には「緩和ケアチーム」はまだありませんが、認定看護師を中心に「がんサポートチーム」が活動しています。 今後の発足を目指す今、今回の研修はとても参考になる内容でした。

IMG_9109IMG_9100IMG_9088IMG_9097IMG_9093