第30回拡大医局集談会開催しました。

11月12日(火)第30回拡大医局集談会を開催しました。

開業医の先生方と当院の医師、25名の参加がありました。

テーマは下記の2題

「救急外来で経験した一症例」 研修医  椹木一仁

「プライマリーケアで知っておきたい乳癌診療の基礎知識」 外科医長 岡田明子

岡田医師は知多半島で唯一の女性外科医です。

乳腺外科を専門としており、最新の情報や診察、治療法など、動画も交えてのお話であり、とてもよく理解できました。

参加者の多くが男性医師であったため、「患者さんからの乳房に対する訴えに、どのように対処したら良いか…」等の質問が出て、とても活気のある会となりました。

常滑市の乳がん検診受診率は、とても低いです。(全国22.86%  愛知県23.12%  常滑市18.43%)

今年から40歳以上の方の乳がん検診が、毎年できるようになりました。

今回のお話の中で、岡田先生からの開業医の先生へ「患者さんに乳がん検診を勧めて下さい。」とメッセージがありました。

当院でも岡田医師のはじめとして、乳がん検診を受けるよう推奨しています。

常滑市全体の乳がん検診受診率が上がり、早期発見ができるよう、検診が受けやすい環境作りに努力していかいます。

40歳以上の女性のかたは、毎年の乳がん検診を受けることから始めましょう!

1422726_316847128456704_2038958972_n.jpg1