中部国際空港消火・救難・救急医療活動総合訓練に参加しました。

平成25年10月3日、中部国際空港での夜間の旅客機事故を想定した訓練に参加しました。医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線検査技師の総勢17名のスタッフが半年前から竹之内医師のもと訓練を重ねてきました。当日は「これは訓練ではない。本当の災害が目の前で起きている!」と気を張り真剣に取り組みました。

災害訓練