外科

竹之内 靖 外科統括部長・救急医療センター部長・医療安全管理室長

所属 外科
専門分野 外科
資格・認定 日本外科学会専門医、
日本消化器外科学会専門医・指導医、
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、
マンモグラフィー読影医、
臨床研修指導医

ドクターインタビュー

先生は消化器外科が専門ですが、どのような治療を行いますか


 食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門など食べ物が通る消化管や、その近くにあるすい臓、胆のう、胆管、肝臓などの臓器にできた病気を治療します。治療には手術のほかに、消化器がんの抗がん剤治療やターミナルケア(緩和ケア)といったものがあります。消化器外科以外では、乳がんや甲状腺の手術をすることもあります。


手術はやはり精神的にも肉体的にも大変なものですか


 そうですね。当院では胃や大腸の手術、胆石による胆のうの摘出手術、鼠径(ソケイ)ヘルニア(脱腸)手術が多いです。中には、途中休憩も食事もとらず、立ちっぱなしで8時間に及ぶものもあります。それでも、すっかり病気が治り、患者さんがニコニコして元気に帰っていく姿を見ると、外科医として本当に嬉しいし、やりがいを感じるんですよ。


市民の皆さんに一言お願いします


 市民の皆さんに親しみを持っていただけるような病院を目指しています。今どこも悪くないと思う人も、定期的に健康診断を受けることをお勧めします。病気は早期発見・早期治療が大事です。日ごろから自分の体調を把握し、安心して元気に過ごしていただきたいですね。


illust2