消化器内科

桑原 由孝 内科部長

所属 消化器内科
専門分野 消化器内科
資格・認定 日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、
日本内科学会認定医、
臨床研修指導医

ドクターインタビュー

先生が得意とする治療法は何ですか。


 内視鏡手術です。お腹を切らないで、口や肛門などから内視鏡(先端にカメラのついた管)を体内に入れて手術する治療法です。モニターに映し出された画像を見ながらすべての指を使って内視鏡を操作するので、手先が器用でないとできません。あと手は大きいほうがいいですね。ちなみに僕はピアニストになれるくらい大きいですよ。


具体的にどのように手術しますか。


 現在の内視鏡手術では悪い組織の表面部分を焼いて除去しています。研究により内視鏡はどんどん進歩していて、近い将来、悪い組織全体を切って治療できるようになるでしょう。たとえば、肝臓ガンの治療では、胃から肝臓へ穴を開けてガン細胞を切り取り、再び胃を経由して口から取り出すといった手術法などが研究されています。


休日は何をして過ごしていますか。


 運動をします。今はテニスに夢中で、4~5時間やっています。あとダイエットも兼ねてジムで体を鍛えています。市民のみなさんも適度な運動をして病気にならない体づくりをしてください。これを予防医学と呼び、生活習慣を正すことが大事です。そして体の調子が悪かったら我慢せず早めに病院に来てくださいね。


illust2