写真をクリックすると詳細がご覧頂けます。

血管外科 > 当院の血管外科の特徴

 「人は血管とともに老いる」

 ということばのごとく、老化に伴い必ず血管の老化現象である動脈硬化が起こってきます。日本はすでに高齢化社会に入っており動脈硬化が原因の血管病が増加しています。

 しかしながら日本では血管を専門とした外科医が少ないのが現状で、愛知県内でも限られた施設にしか常勤の医師はおりません。その中で、当院は末梢血管を専門とした外科医が常勤している病院です。

適応疾患

 当院の適応疾患として、これらの疾患が挙げられます。

  • 動脈疾患 末梢動脈疾患(PAD≒ASO “ピーエーディー”“エーエスオー”などと略されます)、大動脈瘤、末梢動脈瘤、内臓動脈瘤など
  • 静脈疾患 静脈瘤、静脈血栓塞栓症など
  • リンパ管疾患 リンパ浮腫、リンパ管炎など
  • 動静脈瘻

血管外科の特徴

 当院血管外科は名古屋大学、藤田保健衛生大学、愛知医科大学、市立半田病院などと連携し、外科動脈バイパス手術、血栓内膜摘除術だけでなく、血管内治療 (カテーテル治療と言われるステント留置、バルーン拡張術)を積極的に行っております。

 従来の手術に比べ、入院日数も明らかに少なく、合併症もほとんどないことが大きな特徴です。

 さらに当院には皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC)、血管診療認定技師(CVT)も多数常勤しており、皮膚潅流圧測定(SPP)、四肢血圧脈波測定 (ABI)による血管年齢測定、超音波診断、フットケアは外来にて行っております。
検査に痛みなどはなく、血管の硬さ、つまりを評価し、診察日に説明させて頂いております。

 「歩くとすぐに疲れる」「足先が冷える、しびれる」こんな症状がみられましたら整形外科だけでなく、当科の受診をお勧めします。
 また全身合併症の管理が必要であるため、早期診断、治療が望まれます。
当院では循環器科、腎臓内科、皮膚科、整形外科、リハビリ部、検査部などと連携して治療を進めております。