泌尿器科 > 体外衝撃波結石破砕術

 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とはその装置から発生した衝撃波を用いて、腎結石や尿管結石を粉々にする方法です。当院の装置はドイツのドルニエ社、リソトリプターDという機種で平成12年4月から稼動し、これまでに約350例の治療を行い良好な成績を収めています。
 治療の原理としては、水で満たされた衝撃波発生装置の中にある電磁振動板から衝撃波が発射され、それがレンズで収束して目標の結石に集まることで結石を粉々にします。体には装置のゴム膜を密着させます。粉々になった結石は尿とともに自然に体外に流されてしまいます。
 この治療には鎮痛剤を用いるだけで、麻酔は不要です。治療後は歩く事も可能です。入院期間もこれまでの手術と比べ大幅に短縮されました。退院後もすぐに日常生活は可能で職場復帰も支障ありません。
 腎結石や尿管結石でお悩みの方は是非一度当院泌尿器科の受診をお勧めいたします。