外科 > 肛門の痛み

 お尻が痛い、肛門が痛いという経験を、皆さんも一度や二度したことがあると思います。

肛門が痛くなる原因には、3つの代表的な病気があります。

  1. 裂肛(いわゆる切れ痔)
  2. 血栓性外痔核(いぼ痔の一種)
  3. 肛門周囲膿瘍(痔瘻)

 裂肛は、太い硬い便が出たとき、何回も下痢したときに、肛門に傷が出来て起こります。多くの方が経験する肛門痛です。痛みの他に、出血を伴うことが多いです。傷は、肛門のすぐ内側に出来、外からは見ることは出来ません。

 また、よく出来る場所があり、尾てい骨側とその反対側(陰茎、会陰側)です。たいていの場合、2,3日で症状は治まります。
 ただ、裂肛を何回も繰り返すと、たいへんなことになることがあります。肛門は、そのすぐ内側に内肛門括約筋があります。この筋肉が肛門を閉めるために1番働いています。裂肛を繰り返すと、炎症が内肛門括約筋に波及し、この筋肉がけいれんします。これにより、常に肛門が閉まったような状態になり肛門が狭くなってしまいます。これが、慢性裂肛と言われる状態です。
 こうなると、普通の便を出そうとすると、肛門が狭いため強い肛門痛が出現します。このため、細い便、あるいは下痢便を出すしか仕方なくなります。肛門の強い痛みのため、便を出すことが恐怖となり、食事も出来なくななります。 ここまでくると、手術以外に治療法はありません。手術というと怖いと思われるかもしれませんが、内肛門括約筋の一部を切るという簡単な手術です。入院も2日間で済みます。
 このような状態で悩んでいる方は、肛門を見てもらうのは恥ずかしいと思わず、早く来院して下さい。その後の人生が嘘のように明るくなります。

 血液の流れが停滞して腫れたのが痔核(いわゆるいぼ痔)です。このため、痔核の中身は、血液が主体です。痔核のうち、肛門の内に出来たのが、内痔核と言います。肛門の外に出来たのが、外痔核です。
 では、血栓性外痔核とは何でしょうか。さきほども述べたように、痔核の主体は血液です。この血液が固まって出来た物が、血栓です。よく、手には血豆が出来ますね。これも血栓です。血栓性外痔核とは、肛門の外に出来た血豆です。
 血栓性外痔核は、肛門に青黒い腫瘤てして見ることが出来ます。(実際には自分の肛門を見るのは難しいですが)症状は、肛門痛です。出血することはありません。また、触ると、痛みが増します。
 治療ですが、このまま様子をみても3~4日で痛みが引くことが多いです。時には、局所麻酔にて血栓を取り除くことをする場合もあります。また、血栓で出来た腫瘤も1~2週間で自然に吸収されます。このように言うと、肛門が痛いときはしばらく様子を見た方がいいやと思われる方もおられるかもしれませんが、他の病気で肛門が痛いときには、病気を悪化させる可能性があります。自己診断が確かでない場合には、早めに肛門科に受診してください。

 

 NEW!! >> 痔核(いぼ痔)を注射で治す治療を行っています。