各部局について

薬局

 安全で効果的な薬物治療を支えているのが私たち薬剤師です。

 私たち病院薬剤師の仕事は、入院患者さまや外来に来られる患者さまのお薬の調剤や、製剤業務だけではなく、薬剤管理指導、医療安全対策、院内感染対策、褥瘡対策、栄養サポートチーム、糖尿病教室などで医師・看護師と連携を保ちつつ医療チームの一員として活動しています。

 また、抗がん剤の混注業務、医薬品の 管理、医師・看護師などの医療スタッフへの薬品情報提供なども行っています。

 

スタッフ

薬剤師6名(常勤5名、パート1名)

事務員1名 薬局補助員2名(パート)

 

 調剤室の仕事

 入院および外来患者さまのお薬を処方箋に基づき、飲み合わせ・用法・用量等のチェックを行い、薬袋印字システム、散薬監査システム、散剤分包機、錠剤分包機などを使用して調剤しています。

注射薬払出業務

 注射薬の払出業務は、各部署への定数配置と、注射処方箋の調剤による患者さまごとのセットを実施しています。

 また、注射処方箋によるセットの場合には注射処方箋の内容について、投与量、投与方法、投与期間、配合変化などのチェックを行い払い出しています

薬剤管理指導業務

 入院患者さま、または家族に対して各病棟で服薬指導を行っています。

 患者さまが普段使用しているお薬の確認・アレルギー歴・副作用歴・服用状況を調べ、得られた情報を医師・看護師と共有することにより薬物療法の支援をおこなっています。

 また、入院中に処方されたお薬の効果や副作用、使用方法などを説明し、安心して適性に薬を服用していただけるよう努めています。

<持参薬>の鑑別業務

 持参薬とは患者さまが入院時に持ち込む普段服用している飲み薬・点眼薬・貼り薬・塗り薬・注射薬など全てのお薬のことです。

 患者さまの持参薬がどのような薬であるかを医師・看護師・薬剤師が早く正確に把握することは、入院後の治療をより適切に行う上で非常に重要なことです。

 当院では、入院時にお持ちいただいた持参薬の内容を薬剤師が調べています。

 入院時には、薬だけでなく、薬の袋、薬の説明書、お薬手帳も大切な情報源ですので、必ずお持ちください。

抗がん剤の混注業務

 患者さまごとに処方されたがん化学療法の注射薬は事前にレジメンを確認し、調製しています。

 調製は清潔な環境下で混合できかつ調製者が曝露しないように「安全キャビネット」内で行っています。

 DI業務

 薬品情報、薬品の添付文書やインタビューフォームの整理などを行い最新の情報を医師・看護師に提供しています。また、月1回DIニュースを発行しています。

医薬品の管理

 病院内の医薬品の購入・保管・品質管理を行っています。

 また、麻薬、向精神薬、毒薬、劇薬など関連法規に基づいて適切な管理を行っています。

チーム医療への参加

院内感染対策チーム(ICT)への参加

 医師・看護師・臨床検査技師とともにICTの一員として院内感染の防止活動を行っています。
 薬剤師には院内の抗生物質使用状況を把握し、その使用に関する提案や情報提供を行う役割があります。

栄養サポートチーム(NST)への参加

 医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、理学療法士などで構成されるNSTチームの一員として活動しています。

褥瘡対策委員会への参加

 医師、看護師とともに週に1回ラウンドを行っています。

糖尿病教室、骨太教室、慢性腎臓病(CKD)への参加

 糖尿病教室、骨太教室、慢性腎臓病(CKD)に参加し、薬物療法の話をしています。
 また、週に1回行われるDMカンファレンスに参加しています。

部長挨拶

 上記のように医療現場での薬局の関与は多方面に渡ります。薬の専門職として、その専門性と役割分担を常に意識し医療の中で求められる部門として位置づけられるように努力していきます。

薬剤部長 森田 和彦