各部局について

薬局 > 子どものくすりの飲ませ方

子どもの薬の飲ませ方

 薬局の窓口で「子供が嫌がってくすりを飲まないんだけど・・・」という言葉をよく耳にします。そこで今回は子供のくすりの飲ませ方についてご紹介します。

・乳児の場合

 こなぐすりに少量の水を加え、ねりわさび状にします。これをきれいに洗った指先につけ、お子さんの上あごまたは頬の内側(味を感じないところ)にぬりつ けます。そのあと水、ミルクなどを与えてください。溶かすときは一口でのめる量にしてスポイトやスプーンで与えます。1回分のミルクにまぜると、全部のま なかったりミルクぎらいになったりすることがあります。ミルクのあとにくすりを与えると満腹で飲めなかったり、吐いたりすることがありますので、空腹時や ミルクの前にくすりを与えるとよいでしょう。

・幼児の場合

 こどものこなぐすりは飲みやすいように味が工夫してありますが、それでもお子さんが嫌がって飲まない時はお子さんの好きなものにまぜるなどして与えてみるとよいでしょう。
 例)牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品(苦味がやわらぎます)
練りチョコレート、ココア、ジャム、プリン、ゼリー、砂糖、シロップなど

・注意

 乳製品にまぜて飲むと効き目が悪くなるくすり(ミノマイシンなど)、ジュース、スポーツドリンク、ヨーグルトなどにまぜるとかえって苦くなるくすり(ク ラリス、リカマイシン、エリスロシンなど)もあります。まぜるときは医師・薬剤師にご相談されるとよいかと思います。